当社では、雨天時などを利用して安全に関する教育・勉強会を行っています。
不定期ですが月1回ペースで、工場で作業を行う従業員が全員集まります。
ビデオ鑑賞や危険予知など、様々な内容を安全衛生担当者が中心となって進めます。

また、当社ではリスクアセスメントに取組んでいます。
従業員が内容や仕組みを十分に理解し容易に評価できるよう、評価内容を試行錯誤しています。


2010年9月23日(木) 
リスクアセスメント演習の様子(1)



リスクアセスメントに関する説明を受けています。






さらに理解を深める為に実際に模擬評価を行いました。
グループに分かれて模擬評価用紙に従って作業内容の危険度を評価している状況です。
みんな真剣に取組んでいます。





自分たちの仕事の内容を思い出して文字で表現し、危険度を評価するのはなかなか難しい作業です。
リスクアセスメントという言葉を知らない人もいたので、とても勉強になった会でした。



2010年10月4日(木) 
リスクアセスメント演習の様子(2)




前回の勉強会でリスクアセスメントについて理解できたので、今回は次のステップに進みます。
担当している部署ごとに分かれ、実際に細かく行っている作業を洗い出していきます。
点検や修理など、作業内容は無数にあるため、書き出していくのも大変な作業です。







グループで行っている作業は、みんなで話し合い作業内を洗い出しています。
作業内容の見直しやコミュニケーションも深めることが出来る良い機会です。








東洋砕石工業㈱は最高の安全を求めて、
様々な対策を積極的に取り入れ、
社員一人ひとりが、安全に笑顔で働けるよう日々努力しています!!


無料 アクセス解析
キャッシング